社会人になって身についた事。

2021年2月3日

私が
社会人になってから
身についた事や
気づいた事を
書いていきたいと思います。

報連相(報告・連絡・相談)


報告・連絡・相談

略して報連相(ほうれんそう)と言います。

すでに知っている方も
いると思いますが

これは
新入社員や新社会人に
初めて教える事の一つなのです。

具体的に言うと

トラブルや
仕事の進み具合や
段取りや
出勤の可否など

上司または同僚に対して
報告・連絡・相談する事


一言で言っています。

報連相を
はじめに教える事によって

仕事に対する責任を持ってもらう事や
仕事仲間との一体感をもってもらう事

を目的としています。

ただ
よい手本と
なれる方ばかりだといいですが

悪い手本になる方

いわゆるパワハラ気味であったり
新人なのだからと
過剰に
仕事を回したりする方ばかりだと
報連相も
意味を成さないし全くの逆効果
になってしまいます。

仕事や
プライベートでも
そうですが

自分自身がされて
嫌な事はしない!!

これに限ります。
自分自身がされて
嫌な事より
相手の事を思って
嬉しくなる様な事をした方が
仕事も捗ります

プライベートでも
充実すると思います。

今の仕事について考える

仕事にある程度慣れて来た時から

「こう言う風にしたら速くなるのに」

「もう少し何とか出来ないか?」

などを
思う様になり
自分の仕事について
深く考えるようになりました。

その結果、

効率を上げる方法や考え方などが養われ
それを
仕事仲間と共有することで
信頼関係も良好になりますし
仕事自体も
効率が上がり速く完結出来る
様に
なりました。

仕事は思いやり持って。

仕事をする上で
大切なのは

正確に
迅速に
効率よく
丁寧に
思いやりを持って


だと私は思っています。

それは
仕事は
基本的に
他人の為の行為をして
その対価として
お金を貰っている
からです。

普段何気なく
やっている仕事を
少しでも
他人の為に思いやりを
持ってする事によって
これまで

気付かなかった事や

こうすると嬉しいんじゃないか?


と言う事を思う様になります。

それは
お客様だけでなく
仕事仲間にも言えます。

自分自身が少し動くだけで
仕事仲間がすごく助かったり


逆に


自分自身が辛い状況の時に
仕事仲間が助けてくれたり


人の動きを見ながら
動くことで
すごく助かることが


自分にも相手にも
いっぱいあります。


仕事に思いやりと言う
付加価値が付く事によって
より良い仕事になると
私は思います。

個人にしか出来ない仕事は少ない

私は
一人の人にしか出来ない仕事は
少ないと思っています。


何故なら
大抵の事は

最初は出来なくても
繰り返し
失敗し
改善し
積み重ねると
出来る様になる


と思っているからです。

実際に私は
社会人になりたての頃は
仕事現場でこれからする仕事を見た時
自分に出来るのだろうか?
と思っていました。
ですが

失敗し
改善し
積み重ねて
上達し
今、余裕を持って仕事をしています。

確かに
自分で仕事を独占していると
優越感や頼られていると
勘違いしてしまう事もあると思いますが

実際はそうではなくて

自分に何かあった時
他の人がその仕事が出来ない場合や

積み重ねてきた仕事が
次の人に渡る頃には
初めからになってしまったりします。

そうなると
仕事を独占した自分も悪いですし
独占を放置した仕事仲間も
悪くなってしまいます。


そんな事があっては
これまで積み重ねてきた
信頼関係が崩れかねません。

そうならない様に
仕事はちゃんと共有し
無理のない様にしましょう。

ニュース関心を示す

自分自身が所属する会社の
業界の事であったり
関連業界のニュースが
自然と耳に入る様になり
頻繁にニュースを見る様になりました。

すると
職場での会話のきっかけや
話している内容が
それとなく分かったりしていきました。

そして
職場の業界や
関連業界以外のニュースにも
関心を示す様になり

今何が起きているのか?

どう言う事が求められているのか


が何となくですが
分かりはじめました。

それを
職場で話して
自分の考えと
職場では
どう違うのかを
試す様になりました


そうすることで

自分と周囲の違いや

考え方の多様性を認識する



様になり
その頃から
歳の割にしっかりしていると
言われる様になりました。

相手の話をよく聞く。

仕事をしていると
多い少ないに関わらず
色んな人に出会うと思います。

そんな時
自分の話ばかりで
こちらの話を聞いてくれない人がいます。

私の経験上
そんな人は
大概が喋ってばかりいて
仕事が進んでいません。
そして
そんな人は
何を言っても
直りません。

そんな人は
はっきり言って
一緒に仕事はしたくないですよね?

そうならない為にも
相手の話をよく聞きましょう。
ただ
聞くだけなら誰でも出来ます。

聞いて考えて
答える事によって
まず
考える力が付きます。

そして
ちゃんと答える事によって
相手との信頼関係も築ける様になります。

その結果
仕事も円滑に回り
効率よく完結することが出来る様になります。

おわりに

ご精読ありがとうございました。
皆様の
日々の仕事の糧に
少しでもなれたらと
思っています。